情報化の時代とテレビ

情報化の時代とテレビ

テレビの今までとこれから

みなさんが普段何気なく見観ているテレビ。1939年、日本でテレビ実験放送がスタートし、1956年にはカラーテレビの実験放送が開始されました。バラエティー番組やニュース、時には非常事態を警告する手段として大いに活躍してきました。現在、テレビにインターネットを接続し多彩なサービスが受けられるようになるなど、日々テレビは進化しています。

しかし、テレビの進歩に伴い、夜遅くまでテレビを観ることによる生活習慣の乱れ。また、運動不足によって肥満や観すぎによる視力の低下、テレビで情報が簡単に入るため新聞を読まなくなるなどの悪影響も増えており、新たな社会問題となっています。

では、これからどうテレビと向き合っていけば良いのか。それには、一人一人の自己のあり方を見直し、行動していくことが必要になってくると思います。ニュースで今の情勢を認識し、自分の趣味などによりバラエティー番組を観るなど、自分のプランを立てて、快適な生活を送ることにつなげていくことが大事だと感じています。

その他の記事

Copyright (C)2017情報化の時代とテレビ.All rights reserved.