情報化の時代とテレビ

情報化の時代とテレビ

好きなテレビ番組の大きな違い

私が自分の実家へ帰って感じるのは、やはり親とは見たいテレビ番組が違うということです。まだ若い私と、孫がいてもおかしくない両親とでは、興味の対象が全く違っていても不思議ではありません。両親は私が大好きなバラエティー番組や、お笑い番組などは騒々しいと言って一切見ず、大河ドラマやニュースなどを好みます。朝の十五分ドラマにもハマって、毎日欠かさず見ているようです。

また、両親は年齢のこともあって健康にかなり関心が高いので、それに関する番組はかなりの割合でチェックしており、「テレビでやってたんだけどね」と言いながら、私にも役立ちそうな健康情報を教えてくれたりします。筋力をつけるために効果的な運動の仕方や、健康に良いとされる食べ物などが主ですが、この時間帯に食べると良いという細かな情報もありました。毎週見ている健康番組もあるので、絶えず新しい情報が入って混乱しないのかな?と不思議になりますが、私も両親くらいの年齢になれば、同じような番組に関心を持っている気がします。

その他の記事

Copyright (C)2017情報化の時代とテレビ.All rights reserved.