情報化の時代とテレビ

情報化の時代とテレビ

テレビという存在を考える

ほぼどんな家庭にもテレビがあります。持っていないという人はそれほどないのではないでしょうか。ついあったらつけてしまっていて、何がしかの放送に気を取られてしまいそうになることもあります。もちろん、ながら見と言うことも多いのでそれほどテレビ付けというわけでもありません。それでもいろんな意見が飛び交って、出来る限りまだ小さい子供には長時間見せないようにしてほしいとか、工夫をしましょうと言われてきています。これはテレビだけでなく、ゲームに関してもいえることです。

もっと本を読んだり外に遊びに行こうと言われて久しい反面、なかなか子供たち自身にその時間がなくなってきていることも実行が難しいと思うところではないでしょうか。どうしても塾やお稽古事など通わせている家も多いため、できれば子供たちにももっとのびのび遊んでほしいと思うだけになってしまいがちです。これに関しては、子供たちに言うばかりではなく、親や周囲の環境についても考えるべきなのでしょう。

その他の記事

Copyright (C)2018情報化の時代とテレビ.All rights reserved.