情報化の時代とテレビ

情報化の時代とテレビ

テレビの画質は良い方を希望

アナログテレビの時代から、電波がそれほど悪くなかったという人の場合は、これまであまり画質については考えたことはなかったかもしれません。ですが、地方の山奥に住んでいた人にとっては、電波の入り方があまり良くなくて、テレビが見られないこともしばしばありました。そうしてデジタル化の後、かなり改善されたと実感している人が多いようです。特に親戚の家は山肌にあったこともあり、アナログ時代の時には、天候が良い日でも画面に線が入ることはよくありました。

そのごデジタル化の後、見ていてとても綺麗だったと嬉しそうに話していたのを覚えています。テレビはとても貴重な情報源であり、そして娯楽の一つでもあります。みんなで見ても楽しいですし、見た内容をまた誰かと話して楽しんだりすることも出来ます。無論あまりテレビを見ないという人もいますが、それでもたまに何かの機会で見ることはあります。どんな場所でも時間や天候も問わず、一定の画質で見ることが出来るのが当たり前になってほしいものです。

その他の記事

Copyright (C)2017情報化の時代とテレビ.All rights reserved.