情報化の時代とテレビ

情報化の時代とテレビ

炬燵にあたってテレビを観るのが好きです。

テレビで好きな日本映画やハリウッド映画を放映してくれる時はその時間が楽しみになります。何度でも観れるように、又、まだ一度も観た事のない面白そうな映画も録画するようにしています。もし、それほど好みの映画で無い場合は他の映画を録画できます。そんな録画したテープが結構貯まりました。古くても良い映画は何度観ても感動します。そんな映画を観ながら炬燵にあたっているといつの間にかウトウトとしてしまいます。

テレビを置いてあるリビングルームに炬燵を置くようになって、余計にテレビを観る時間が長くなったような気がします。偶にリモコンが無くて探し回る事もありますが、大概炬燵の周りのどこかから出てきます。炬燵でみかんを食べながら好きな番組を家族で観るときって幸せを感じるものです。どちらかというと家に居るのが好きなタイプです。何処かへ買い物に出かけるよりも好きな番組や映画の録画を観ていた方が良いです。以前は衝動買いをした時期もありますが、最近はあまりしなくなりました。

その他の記事

Copyright (C)2017情報化の時代とテレビ.All rights reserved.