情報化の時代とテレビ

情報化の時代とテレビ

テレビ番組の選択について

テレビが地上デジタルに移行して結構な時間が過ぎました。これまでのアナログ放送しかなかったものから、各民放会社が地デジのチャンネルを持つようになりましたので、チャンネルはこれまでの2倍に拡大したように思います。ただ、番組の内容が充実しているかと言えば、必ずしもそうではないように思います。

実際、新聞でテレビ番組欄を見ていると、多彩な番組が並んでいるように見えますが、その中には地上波で放送したものを、BSで再放送しているとかいったような場合も多く、コンテンツが不足しているように思います。一方で、これまで見ることができなかったスポーツ番組やアニメ番組を見ることができるようになったのが、最大の利点だと思います。番組編成能力もさることながら、提供するスポンサーがつかないと番組を制作するお金も捻出できません。ただ、見たい番組がたくさんあると、今度はテレビに生活を縛られてしまいそうで、テレビが充実することには長所短所があるようです。

その他の記事

Copyright (C)2017情報化の時代とテレビ.All rights reserved.