情報化の時代とテレビ

情報化の時代とテレビ

お年寄りにとってテレビは娯楽

若者のテレビ離れというニュースがたまに流れますが、以前としてお年寄りには強い需要があります。若者は代わりとしてインターネットを娯楽として楽しみます。お年寄りの大部分にはインターネットの知識は浅いので非常に扱いにくい代物です。なので電源ボタン1つ押すとすぐ画面がパッと明るくなり、見たいチャンネルをリモコンで操作出来るテレビの存在は暇潰しには最適なのです。身体も若い頃よりも自由に動かしにくい状態だと外出よりも自宅にいる時間の方が多くなります。特に夏場や冬場と言った気温が凄まじく偏る季節は外出を避けるお年寄りもさぞ多いとお見受けします。

そんな季節こそテレビの存在は楽しみの1つです。冬場の寒い時期に上にミカンの束が乗っているようなこたつでぬくぬくと暖まりながら見るというのはお年寄りの住む家庭にはよくある光景でもあります。最近では増えつつあるお年寄りをターゲットにしてお年寄り向けの番組作りを推進しているそうです。今後ますますお年寄りの娯楽の中心なりつつあるとも予想されます。

その他の記事

テレビ・趣味・ホビーが気になり始めた方へ

Copyright (C)2017情報化の時代とテレビ.All rights reserved.